メダカいただきました。

こんにちは! 院長の浅野です。

今年のこの天候は何なんでしょうか?随分と気温差が激しいと思ったら梅雨に突入し患者さん達の多くが強い不調を訴えてきます。ぎっくり腰の方も平年に比べとても多い6月となっています。

じめじめとしたこの時期東洋医学でいう「湿邪」が身体の足元から絡むように浸食すると言われます。この「湿邪」ですが、べたべたと身体にまとわりつくイメージでなかなな身体から離れません。症状が長引いてしまうことが多いとされています。 猛暑も嫌ですが梅雨明けが待ち遠しいです。

話は変わりますが6月の初旬に患者さんよりメダカをいただきました。川にいるあのメダカです。今ちょっとしたブームみたいですよ。

生き物の頂き物は私も初めてではないかと思います。

とりあえず張り切ってメダカを飼う準備をしました。

メダカ水槽は自宅のベランダです。

メダカが来てから毎朝、毎晩メダカの観察に余念がありません。 メダカだけでは何となく寂しいかと思い柳瀬川まで行って小さなエビも捕まえてきました。 ホテイ草も浮かべてご満悦です。

小学生の息子より喜んで世話をしております。早く卵を産んでほしいなと、願っているところです。

自分自身いいオジサンが何をしてるのかとも思ってしまう瞬間もありますがメダカ、楽しいですね。

メダカの癒され効果かなり高いです!

日々忙しくストレスが多い方メダカ飼ってみませんか?

おススメですよ~