逆子のお灸

こんにちは!

鍼灸あまし師の貫井です♫

先日逆子で来院された方から逆子が治ったと報告を受けました!

出産間近の妊婦さんにとって逆子は絶対に治したいものなので、本当によかったなと思います。

妊娠28週からの逆子は早めの対処が必要になり、40週になってしまうと帝王切開での出産になる可能性が極めて高くなります。

自然分娩を希望される方は逆子と診断されたらすぐにでも対処するようにしましょう!

なかでも逆子にはお灸がとても効果的です♫

お灸には足の小指にある至陰というツボと足首の内側にある三陰交を使います。

このツボをお灸で刺激すると子宮が温まり、赤ちゃんが活発に動いてくれて逆子が治ります(๑´ㅂ`๑)

お灸が効果的ですが、鍼灸院に通えない場合は毎日指で押すのも良いでしょう。

逆子の原因は冷えによるものなので、よく手足と腹部をあたためてあげると予防にもなります☆

冬は寒いので意識的に身体を冷やさないように気をつけましょうね(๑•̀ㅂ•́)و✧